安心して中古住宅を購入するために|住宅診断を依頼して状態を見極め

つみきの家

まず一括査定サイトで選定

つみきの家

問い合わせの反応を確認

東京の土地家屋調査士に依頼する流れをご紹介します。住まいや対象の物件が東京都内にあるなら、やはり東京の土地家屋調査士に依頼した方がスムーズです。何度も打ち合わせで足を運ぶ可能性もあるので、お互いに距離が近いと気軽に相談できます。まずは依頼する内容の相場金額をチェックするためにも、東京の土地家屋調査士の一括査定サイトで良さそうなところを数社ピックアップします。いきなり最安値のところに決めず、2社から3社に絞り込み、まずは依頼内容に関して問い合わせをするのがポイントです。問い合わせに対し、誠実な答えが返って来たら、その土地家屋調査士と契約しましょう。単純に最安値を提示する相手に即決せず、誠実性などのチェックをした上で最終候補を決めた方が安心です。打ち合わせでは、具体的な依頼内容を伝えます。報酬面など相手からも説明を受け、双方が納得したら契約します。依頼を受けた土地家屋調査士は現状について詳しくヒアリングし、実際に現地を訪問し調査をスタートします。境界線の確認も行いますが、正確な境界線を把握するために、法務局に足を運び、必要な図面や資料を集めます。資料をもとに現在の土地の状態を調べ、測量を行います。測量図と調べた境界点を計算し、境界を確定するための測量も行います。境界杭を埋設する時は、土地のオーナーはもちろん、隣の家の敷地のオーナーにも立ち会って貰います。境界確定後、依頼があれば土地家屋調査士が表示登記申請を行います。依頼主に登記済証を渡され、取引が終わります。