安心して中古住宅を購入するために|住宅診断を依頼して状態を見極め

一軒家
夫婦

不動産を売却しよう

熊本にも多数の不動産会社があります。不動産売却を考えた時は安心して依頼できます。まずは、売りたいと考えた不動産の査定からしてもらいましょう。物件の内見から契約まで不動産会社が行ってくれますので安心できます。

内観

マンション売却の流れ

マンション査定サイトを利用すれば、自分のマンションがいくらで売却できるのかが分かるので便利です。だいたいの市場価値がわかったら、仲介業者に現地査定をしてもらうことになります。マンション査定サイトなら信頼できる業者しかいないので、安心して依頼できます。

中古住宅を買う時には

案内する女性

家の瑕疵やリフォームなど

日本では中古住宅は新築住宅に比べて人気が低く、外国に比べても圧倒的に新築購入者が多くなっています。それは日本人の綺麗好き、新品好きも理由の一つですが、中古住宅は見えない箇所に瑕疵が隠れている可能性が拭えないというのが大きな訳でもあります。中古と言えども家を買うのですから大金が必要で、それを支払ってから不具合が多くて住めない、住みにくいとなったら困りますよね。現在は高齢化社会に突き進んでいるという状態で、空き家問題が注目されていますから今後はもっと安心できるような中古住宅が提供されていくでしょう。最近は住宅診断(ホームインスペクション)で家の瑕疵や状況を調べる会社があって、将来にかかるリフォームなどの費用も算出する事が可能になっていますから、中古住宅の購入の際には利用すると安心でしょう。この住宅診断をするのは建築関係や不動産関係の経験がある人が多く、住宅診断の会社や団体によって資格や基準が違うのですが、診断の知識を持った人が行います。住宅診断をするメリットは住むのに不適切な瑕疵や欠陥がある場合は購入しないで済みますし、建物の状況によっては将来的にリフォームがどの程度必要でいくら位の費用が掛かるのかが前もって分かる点です。費用は診断内容によって変わりますが5、6万円位からという事ですから、家の購入に失敗しないためにも先行投資と考えて利用すると良いでしょう。住宅診断は必ず契約前にして貰うようにしましょう。

つみきの家

まず一括査定サイトで選定

東京で土地家屋調査士に仕事を依頼する時は、まずは一括査定サイトで選定します。打ち合わせのあと土地家屋調査士は現地を確認し、資料を収集してから再度現況調査を行います。境界線確定測量後、土地の所有者と隣地所有者に立ち会って貰い、境界杭を埋設し、各種登記を申請します。依頼主に登記済証を渡し、取引終了です。